×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

jrスイカと携帯電話の関係など

jrスイカ(Suica)は2001年11月に東日本旅客鉄道(JR東日本)が開発し東京近郊区間で最初に導入したソニーの非接触型ICカードシステムによる乗車カードです。jrスイカ非接触型ですからパスケースや鞄などから取り出す必要はなくパスケースごとタッチして利用できます。jrスイカの語源は"Super Urban Intelligent Card" の略称で、と「スイスイ行けるICカード」というイメージと果物のスイカと語呂合わせをしてjrスイカという名前で呼ばれています。jrスイカは自動券売機での乗車券などの購入や自動精算機での精算機能だけでなく、入金する事で繰り返し使用できるようになっています。jrスイカは他に定期券機能、電子マネーの機能なども付いています。jrスイカは、誰でも専用の券売機で購入が可能です。またjrスイカに携帯電話機能を内臓した「SUIKABAR」もあります。携帯電話を使った会員制サービス「モバイルSuica(スイカ)」もあり、携帯電話で購入した乗車券や特急券のデータをダウンロードすれば切符なしでjrスイカ 新幹線切符予約が可能です。

jr スイカとペンギン

jrスイカはペンギンがイメージキャラクターに使用されています。ペンギンが使用されている理由はjrスイカで「スイスイ」便利になるというイメージと、広い南極で「スイスイ」泳ぎ回るペンギンの動きとを掛け合わせたようです。jr スイカのペンギンのデザインはイラストレーターの坂崎千春が描きました。ペンギン自体が坂崎千春さんの代表キャラクターの1つになっていてjr スイカのペンギンでキャラクターとして有名になりましたが、それ以前から絵本は出版されていたようです。絵本「ペンギンのおかいもの」ではペンギンは「スイッピ」と名づけられていますが、そのペンギンとjr スイカのペンギンが似ているためにjr スイカのペンギンも「スイッピ」と呼ばれているようです。またjrスイカはCMのテーマ曲にユーミンの「やさしさに包まれたなら」が使われました。

jrスイカ 準備金や払い戻し

jrスイカは販売機で2000円を入れれば購入できます。2000円を入れて名前、生年月日、電話番号を登録してjrスイカを発行してもらうことができます。2000円を入れると1500円分使えるjrスイカが出てきます。差額の500円というのは準備金というか預かり金になります。そしてjrスイカは払い戻しが出来ますがjrスイカの払い戻しをする場合払いもどし手数料210円を差し引いた金額に準備金(デポジット)の500円を加えて返金するシステムになっています。払いもどしの可能な額が210円以下の場合は、準備金(デポジット)のみの返金になります。またjrスイカの入金は、電車に乗る前にもできますし、電車を降りるときに足りないようなら、自動精算機で足すこともできます。

Copyright © 2007 jrスイカが気になります